ご相談にあたってご準備いただきたいこと

相談内容や経緯について、ご自身でメモを作成していただくと、スムーズにお話をうかがうことができます。

また、お手持ちの資料で、ご相談の内容に関連しそうなものは、すべてお持ちください。
事案の正確な把握に役立ちます。

以下は、一般的に相談の際にお持ちいただくと、役に立つと思われる資料です。
参考までにご覧ください。

共通

  • ご自身で作成したメモ
  • 相談に至る経緯
  • 現在、解決したいことは何か

貸金トラブル

  • ご自身で作成したメモ
  • 相手方の氏名、住所、電話番号
  • 貸付日
  • 弁済額
  • 資料
  • 名刺、会社案内等の相手方の名称、住所等に関する情報
  • 契約書、覚書、借用書、領収書等
  • 預金通帳等お金の動きがわかる資料
  • 郵便物、FAX、メール等相手方とのやりとりが示された文書

離婚請求・慰謝料請求

  • ご自身で作成したメモ
  • 離婚を考えているのはどちらか
  • (自分なのか、相手なのか、双方なのか)
  • 同居した日
  • 結婚した日
  • お子さんが生まれた日
  • その後、現在までの主要な出来事
  • 結婚を続けられないと思う理由など
  • 資料
  • 不貞行為・興信所、調査会社等の調査報告書
  • 写真・録音テープ
  • 手紙・メール
  • 宿泊施設のレシート等
  • DV
  • 診断書
  • 写真・ビデオテープ等暴行を受けた証拠
  • 浪費・多重債務の負担
  • 給与明細、預金通帳等夫婦の収入を示す資料
  • 消費賃借契約書等借入を証明する資料
  • クレジット契約書、利用明細書等、浪費の事実を示す資料

財産分与

  • ご自身で作成したメモ
  • (ご本人と相手方両方)
  • 資産の種類
  • 資産の評価額
  • 負債の種類
  • 負債の額
  • 資料
  • 預金通帳(資産)
  • 有価証券等(資産)
  • 取引残高報告書等
  • 不動産がある場合(資産)
  • 謄本・購入時の売買契約書・納税通知書・ローン返済計画書
  • 負債の内容がわかる契約書・覚書・借入書等(負債)
  • 依頼者、相手方の収入がわかる資料(収入)
  • 給与明細・源泉徴収票・確定申告書・年金振込通知書

破産・民事再生(法人)

  • ご自身で作成したメモ
  • 資産の種類
  • 資産の額
  • 負債一覧
  • (金融・買掛/未払・公租公課・労働)
  • 債権者名・金額・支払期日・月額約定弁済額
  • ※公租公課・労働については滞納額・滞納月額
  • 資料
  • 直近の試算表・決算報告書(資産)
  • 負債の内容がわかる契約書・覚書・合意書等
  • 資金繰り表(月繰り/日繰り)

破産・民事再生(個人)

  • ご自身で作成したメモ
  • 資産概要
  • 資産の種類・評価額
  • 負債概要
  • 負債の種類、額、未払・滞納額
  • 資料
  • 負債の内容がわかる契約書・覚書・合意書等

交通事故

  • ご自身で作成したメモ
  • 相手方の住所、氏名、電話番号
  • 交通事故日、時間帯
  • いかなる受傷を負ったか
  • 休業日数
  • 入院日数・通院日数
  • その他入院等に要する交通費等
  • 資料
  • 交通事故証明書
  • 事故状況説明図
  • (名称にかかわらず、交通事故の発生日時、発生場所、当事者等が記載された文書)
  • 診断書
  • 診療報酬明細書
  • 保険会社とやりとりした書面、資料
  • 交通費等に関する領収書
  • 保険会社の提示額が分かる書面